手作りクリスマスプレゼントのクオリティ

手作りクリスマスプレゼントのクオリティ

プレゼントを手作りするときに、どうしても気になってしまうのがクオリティです。手作りプレゼントは喜ばれる反面、敬遠されることも多いものですが、敬遠される理由のひとつとして、「やっぱり既製品のクオリティにはかなわない」という点が挙げられます。

特に手編みのマフラーなどの場合は、身に着けていても目立ちますし、一見して「手作り」とわかります。私も編み物に凝ったことがあるのですが、慣れるまではやっぱり編み目が揃わなかったり、マフラーを編んでいても幅が一定にならなかったりと苦戦したものです。かなり慣れてからでも、やはり既製品のようなクオリティでは編めませんでした。

その「手作り感」こそが、手作りプレゼントの良さでもあるのですが、身に着けるものにこだわりがある男性にはどうしても使いにくかったり、シャイな男性の場合は周囲に「手作り」とわかってしまうのが恥ずかしいと感じることもあるようです。

ただ、使わないからといって必ずしも喜ばれないわけではありません。「使わないものをもらっても困る」という人もいますが、彼女から手編みのマフラーをもらったのが嬉しくて、何年何十年たっても大切にしまっている・・・という男性もいますので、彼の性格を見極めてチャレンジしましょう。また、キットを使ったアクセサリーや小物などは仕上がりのクオリティも高いので、喜ばれると思います。